ここから本文です

日経平均テクニカル:小幅続落、戻りの鈍さ警戒

5月24日(金)18時15分配信 フィスコ

本日24日の日経平均は小幅続落となった。ザラ場で心理的な節目の21000円を一時下回った後、下げ幅を急速に縮小。下ヒゲをつけたローソク足は比較的長めの陽線を引き、下値での買い需要を確認する格好になった。日足の一目均衡表では、日々線が一時雲下限を割り込んだものの、終値ベースでは雲中に戻し、三役逆転を回避した。ただ、ボリンジャーバンドでは下降中の-1σをやや下回る水準で推移し、中期的な売り手優位の継続を示唆した。また、5日移動平均線は上昇から再び下降に転じており、来週以降の戻りの鈍さが警戒されるところである。《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:5月24日(金)18時17分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン