ここから本文です

米国株式市場:原油価格の下落や米中協議を警戒、NYダウ・ナスダック続落

5月24日(金)7時46分配信 モーニングスター

 23日の米国株式は、続落した。NYダウが前日比286.14ドル安の2万5490.47ドル、ナスダック総合指数が同122.559ポイント安の7628.284ポイントで取引を終了。出来高概算はニューヨーク市場が8億6991万株、ナスダック市場が22億2068万株だった。

 NY原油先物WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格が、需給面を警戒する動きが継続し大幅続落となったことで、エクソン・モービルやシェブロンなどが下落。また、中国の商務省報道官が「米国は貿易協議を継続したいのであれば、誤った行動を正す必要がある」と発言したことが伝わり、米中貿易協議への警戒感も加わり、NYダウは一時450ドル近い下げをみせる場面があった。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数の採用銘柄では、アップルやアマゾン・ドット・コム、フェイスブックなどが下落している。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、23日の大阪取引所終値比240円安の2万860円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月24日(金)7時46分

モーニングスター

 

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン