ここから本文です

日経平均は続落、一時21000円割れも下げ渋り、ソフトバンクG切り返す/相場概況

5月24日(金)15時43分配信 フィスコ

現在値
国際帝石 951.2 +16.1
トラストT 1,543 +55
enish 611 +4
JXTGH 511.6 +4.1
安川電 3,550 +115
 日経平均は続落。23日の米国市場でNYダウは続落し、286ドル安となった。米政権による中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)排除の動きなどから米中対立への懸念が続き、欧米の景況感悪化や原油相場の大幅下落も嫌気された。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで170円安からスタートすると、朝方には一時20922.00円(前日比229.14円安)まで下落。ただ、その後はアジア市場の落ち着きなどを背景に下げ渋り、後場に入ると日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ観測も支えとなった。


 大引けの日経平均は前日比33.92円安の21117.22円となった。この日の高値で取引を終えている。東証1部の売買高は12億4671万株、売買代金は2兆1284億円だった。業種別では、鉱業、石油・石炭製品、海運業が下落率上位だった。一方、証券、不動産業、鉄鋼が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の40%、対して値上がり銘柄は55%となった。


 個別では、東エレク<8035>が2%超下落したほか、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、安川電<6506>などがさえない。ソニー<6758>は小安い。NY原油先物相場が大幅下落し、JXTG<5020>などの石油元売り大手や国際帝石<1605>は売りがかさんだ。また、enish<3667>やトラストテック<2154>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


 一方、ソフトバンクG<9984>は朝安後に切り返し2%高。任天堂<7974>、村田製<6981>、ZOZO<3092>なども堅調で、キーエンス<6861>やトヨタ自<7203>は小幅に上昇した。スズキ<7269>はインド総選挙の結果を受け3%超高。ディーエヌエー<2432>は開発中のゲームへの期待から大きく買われた。また、旧村上ファンド系投資会社の株買い増しが続くレオパレス21<8848>が東証1部上昇率トップとなった。《HK》
(マーケット概況)
株式会社フィスコ

最終更新:5月24日(金)16時05分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン