ここから本文です

〔ロンドン株式〕反落(23日)

5月24日(金)1時23分配信 時事通信

 【ロンドン時事】23日のロンドン株式市場は反落となり、英FT100種平均株価指数(FTSE100)は前日終値比103.15ポイント(1.41%)安の7231.04で終了した。
 「米中IT戦争」への懸念が強まったほか、欧州や米国の製造業の景況感の経済指標がさえず、投資家のリスク回避姿勢が目立った。加えて、英国の欧州連合(EU)離脱の混迷でメイ首相が政権崩壊の瀬戸際に追い込まれ、後継首相による「合意なき離脱」のリスクに対する懸念も広がった。
 指数構成銘柄全体の約9割が下落した。
 主な個別銘柄では、産銅大手アントファガスタが4.0%安、資源大手グレンコアが2.6%安となるなど、資源株が総じて緩んだ。石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルはA株(2.5%安)、B株(2.6%安)ともに売られ、同BPも2.9%安と軟調だった。中国の売り上げが多い高級衣料バーバリーは2.4%安とさえず、旅行代理店大手トゥイは5.1%の大幅安となった。
 半面、航空大手インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)が1.3%高としっかり。金融大手HSBCホールディングスも0.3%高と強含んだ。(了)

最終更新:5月24日(金)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン