ここから本文です

フロンティアインターナショナルは底値圏、19年4月期利益横ばい予想だが20年4月期収益拡大期待

5月24日(金)8時54分配信 サーチナ

フロンティアインターナショナル<7050>(東マ)は、イベント企画・制作会社としてプロモーション事業を展開している。
拡大写真
フロンティアインターナショナル<7050>(東マ)は、イベント企画・制作会社としてプロモーション事業を展開している。
現在値
フロンテI 2,132 -28
 フロンティアインターナショナル <7050> (東マ)は、イベント企画・制作会社としてプロモーション事業を展開している。19年4月期は利益横ばい予想だが、20年4月期の収益拡大を期待したい。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、ほぼ底値圏だろう。
 
■イベント企画・制作会社
 
 19年2月東証マザーズに新規上場した。イベント企画・制作会社として、プロモーション事業(イベントプロモーション、キャンペーンプロモーション、PR、スペースプロデュース、デジタルプロモーション、店頭販売支援)を展開している。
 
■19年4月期利益横ばい予想だが20年4月期収益拡大期待
 
 19年4月期連結業績予想は、売上高が18年4月期比7.2%増の130億72百万円、営業利益が1.3%増の10億59百万円、経常利益が1.8%増の10億65百万円、純利益が1.7%減の7億01百万円としている。需要が好調に推移して増収だが、営業および内部管理体制強化に向けた人件費の増加などで利益横ばい予想としている。
 
 第3四半期累計は売上高が87億81百万円、営業利益が8億円、経常利益が7億99百万円、純利益が5億44百万円だった。そして通期予想に対する進捗率は売上高67.2%、営業利益75.5%、経常利益75.0%、純利益が77.6%と概ね順調だった。19年4月期は利益横ばい予想だが、20年4月期の収益拡大を期待したい。
 
■株価は底値圏
 
 株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階で、5月16日に2000円まで下押したが、3月の上場来高値4030円から半値水準でほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。5月23日の終値は2108円、前期推定連結PERは約13倍、時価総額は約92億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:5月24日(金)8時54分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン