ここから本文です

日本賃貸住宅投資法人が第26期決算を発表、1口当たり実績分配金は1,990円

5月24日(金)0時19分配信 JAPAN-REIT.COM

拡大写真
現在値
R-日賃貸 99,700 +300
日本賃貸住宅投資法人 <8986> が、第26期(2019年3月期)決算を発表した。

第26期における物件取得はなし。テナント入替えが少なく、平均稼働率が98.7%と高稼働を維持した。支払利息の減少が寄与し、前期比1.4%増益。内部留保より105百万円を取崩し、1口当たり分配金は1,990円となった。

期末のポートフォリオは198物件、資産規模(取得額合計)は2,255億円、有利子負債比率は50.9%。

第27期(2019年9月期)は、「セレニテ梅田ルフレ」を取得、「willDo礎町」等10物件を売却する。これにより物件売却益334百万円、物件売却損204百万円が発生する。差引き売却益130百万円が寄与し、前期比2.1%増益を見込む。売却益130百万円を内部留保する一方、一時差異等調整積立金より184百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,000円となる見通し。

第28期(2020年3月期)は、セレニテ梅田ルフレが通期寄与する一方、前期の物件売却益がなくなるため、前期予想比4.4%減益を見込む。一時差異等調整積立金より197百万円を取崩し、1口当たり分配金は2,000円と前期と同額を見込む。

有利子負債比率は、第27期末に50.9%、第28期末に51.0%となる見通し。

なお、従来の中期目標である巡航分配金1,900円~2,000円を達成したことから、新たに中期目標を設定。ポートフォリオの質的向上を優先課題と認識し、巡航分配金2,000円を維持しながら、今後3年~5年を目処に保有物件の10%~15%程度を、エリア、築年数、規模を重視した物件に入替えることを目標とする。

最終更新:5月24日(金)0時19分

JAPAN-REIT.COM

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン