ここから本文です

後場コメント No.1 オービック、グローバルワン、ユーグレナ、ホンダ、ニトリなど

5月23日(木)15時01分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
ユーグレナ 1,084 ---
オービック 11,840 ---
ホンダ 2,836.5 ---
R-グロバル 139,100 ---
ニトリHD 14,630 ---
★12:30  オービック-大和が目標株価引き上げ 20.3期も変わらず安定・高成長を持続へ
 オービック<4684>が3日続伸。大和証券では、今20.3期も変わらず安定・高成長を持続へとコメント。投資判断「2(アウトパフォーム)」を継続、目標株価は11000円→14200円と引き上げた。
 前19.3期は高成長の継続を確認する内容。売上高は前の期比11%増収の742億円と高い伸びが持続。大和予想は全般に上方修正。特にクラウドをけん引車にシステムサポートの伸びが想定超え、これが一層の採算改善効果をもたらす見込み。加えて、新元号への移行や消費増税導入から、多くの企業に自社システムのソフトウェア更新需要生じるが、SEひっ迫から受注拒絶され、パッケージソフトへの移行に踏み切る企業も増加しているもよう。同社への追い風は強まる一方と考えるとした。

★12:30  グローバルワン-大和が目標株価引き上げ LTV活用した物件取得がメインシナリオか
 グローバル・ワン不動産投資法人<8958>が3日ぶり反発。大和証券では、LTV活用した物件取得がメインシナリオかとコメント。投資判断「2(アウトパフォーム)」を継続、目標株価は12.20万円→13.70万円と引き上げた。
 公募増資によって簿価LTVは49.4%から47.1%までの低減に成功し、次なる物件取得余地を手に入れた形。同REITではレントギャップ(現行賃料およびマーケット賃料のかい離率)8.1%(DPU(1口当たり配当金)換算410円に相当)の解消によってNOI利回りを向上させる方針であるが、同ギャップの解消には一定程度の時間を要するものと大和ではとらえているとし、LTVを活用した物件取得よるDPU水準上昇がメインシナリオと判断。足元のオフィス市況を背景に力強い内部成長が期待される一方で、LTVを活用した外部成長期待が中期的なカタリストと考えるとした。

★12:31  ユーグレナ-もみ合い ダイエット体質遺伝子チェック用キットを発売
 ユーグレナ<2931>がもみ合い。同社は22日に、遺伝子解析プラットフォーム「ユーグレナ・マイヘルス」のシリーズとして「ダイエット体質遺伝子チェック」の販売を開始したと発表した。
 「ダイエット体質遺伝子チェック」では、「糖代謝」「脂質代謝」「基礎代謝」の3項目の遺伝的傾向を知ることができるほか、解析結果のページでダイエットに関連するアドバイス情報や、自身の遺伝子情報をもとに各代謝遺伝子タイプの基礎代謝量に応じた目標体重を計算するダイエットシミュレーターなどのコンテンツを提供するとしている。

★12:34  ホンダ-大和が目標株価引き下げ 中長期体質強化進めるも期間損益では踊り場局面
 ホンダ<7267>が続落。大和証券では、中長期体質強化を進めるが、期間損益では踊り場局面と判断。投資判断「3(中立)」を継続、目標株価は3300円→3100円と引き下げた。
 前19.3期営業利益は7264億円(前の期比-13%)と、会社計画(7900億円)に未達。ただし、欧州拠点再編の引当金680億円や、品質費用(計画比で約500億円増加)の一時費用が主因。今20.3期営業利益計画は7700億円。過去は必達最低ライン(=保守的)な計画とする傾向があったが、今回計画は相応にリーズナブルな感。大和の営業利益予想は、今20.3期:7930億円(従来比▲370億円)、来21.3期:8400億円(同▲400億円)。

★12:34  ニトリHD-3日ぶり反発 5月度既存店6%増収 3カ月連続で前年実績上回る
 ニトリホールディングス<9843>が3日ぶり反発。同社は22日、5月度月次国内売上高前年比推移を発表した。
 既存店売上高は前年同月比5.6%増、全店売上高は同8.6%増となった。既存店売上高が前年を上回るのは3カ月連続。また、既存店客数は2.8%増となった。
 5月度は、新生活を始めたあとの買い足し需要などにより収納用品が好調だったほか、マットレス「Nスリープ」、TVCMを放映した電動リクライニングソファ、オーダーカーテンキャンペーンを行ったウィンドウカバリング等の売上が好調に推移した。期初からの累計では、既存店で前年比4.9%増、全店では7.7%増となっている。
小林

最終更新:5月23日(木)15時01分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン