ここから本文です

昭和電工-寒冷地で施工可能なコンクリート構築物修復材を開発

5月23日(木)13時27分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
昭電工 3,180 -35
 昭和電工<4004>が続落。同社は5月23日、冷地などの低温環境下でもコンクリート製の各種インフラ構築物の補修施工が可能な修復材「ショウリペアCR-1000シリーズ」「リポキシCR-1500シリーズ」を開発したと発表した。

 いずれも氷点下でも施工後の給熱養生が不要で、既存品の3分の1以下の24時間以内に通常使用できるレベルまで硬化するため、寒冷地での冬期施工、工事期間の短縮による工事費用の削減や、施工箇所の早期解放による利便性の早期回復が期待できるとした。現在、岩手県遠野市および同市内の建設会社である栄組の協力を得て、開発品の橋梁補修における有効性を確認する実証実験を実施中とした。
小林

最終更新:5月23日(木)13時27分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン