ここから本文です

マザーズ指数反落、利益確定売り優勢=新興市場・23日

5月23日(木)15時09分配信 モーニングスター

現在値
日本一ソフ 1,141 -3
UUUM 4,075 -25
IPSin 1,130 +5
シノプス 17,000 +920
そーせいG 2,285 -52
 マザーズ指数が反落。東京市場全般が売り優勢で新興市場も軟調に推移。前日大きく上昇した銘柄には利益確定売りが先行している。オンコリスバイオファーマ <4588> 、UUUM <3990> 、自律制御システム研究所 <6232> などが安く、ips <4390> やシノプス <4428> も軟調。一方で導出先が臨床試験結果発表のそーせいグループ <4565> は大幅高。ジャスダックでは日本一ソフトウェア <3851> 、santec <6777> が下落。マジェスティ ゴルフ <7834> は買われた。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月23日(木)15時09分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン