ここから本文です

明日の日本株の読み筋=模様眺めのなか中小型への物色が中心になりそう

5月23日(木)17時21分配信 モーニングスター

 24日の東京株式市場は、引き続き模様眺めムードが続きそうだ。米中貿易摩擦の行方が不透明ななか、積極的には手掛けづらい状況が継続するとみられる。日経平均株価は23日、終値ベースで5日ぶりに5日線(23日時点で2万1251円)を割り込んだ。同線を意識した展開を強いられそうだ。また、25日から米トランプ大統領が来日することから、日米首脳会談での貿易交渉への言及も予想されることから、手控えムードが広がる可能性もある。

 23日の東京市場は、前日比132円23銭安の2万1151円14銭と反落。積極的に売買を手掛ける主体がないなか、押し目を拾う動きなどが出たもようで、下げ幅を縮小する場面もみられたが、上値は重かった。23日引け後、東京証券取引所が発表した5月第2週(13-17日)の投資部門別売買状況によると、外国人投資家は1173億円の売り越しだった。売り越しは2週連続。

 23日の海外市場では米国で、日本時間の午後9時30分に、週間の新規失業保険申請件数が、午後11時には4月新築住宅販売件数が発表される。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月23日(木)17時21分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン