ここから本文です

PALTEKが一時ストップ高、子会社が総務省5G総合実証試験に4Kコーデックシステムで参加

5月23日(木)10時18分配信 モーニングスター

現在値
パルテック 535 -8
ドコモ 2,518.5 +38.5
 PALTEK <7587> が一時100円ストップ高の630円まで駆け上がった。22日に100%子会社のエクスプローラ(北海道函館市)がインフォシティ(東京都渋谷区)と協業し、18年12月に総務省の「第5世代移動通信方式の実現による新たな市場の創出に向けた総合的な実証試験」に、4K対応コーデックシステムを提供・参加したと発表し、材料視された。

 今回参加した5G総合実証試験は、NTTコミュニケーションズが実施主体となる「高速移動環境における5G高速通信の技術的条件等に関する調査検討」として行われたもので、時速90km以上で走行する東武スカイツリーラインの電車で、NTTドコモ <9437> が構築した5G試験環境を用いて、4KコーデックシステムによりRTPプロトコルでリアルタイムライブストリーミング伝送を行うもの。エクスプローラは4K対応のH.265/HEVCコーデックシステムを提供し、基地局側に設置したエンコーダから、走行中電車に設置した車載局側のデコーダへ、同方式で符号化した4K映像を伝送、デコーダ側に接続した4Kディスプレイやスマートフォンにリアルタイムで映像が配信され、再生されることを確認できた。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月23日(木)10時18分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン