ここから本文です

【ディーラー発】全般小動き(NY午後)

5月23日(木)5時23分配信 セントラル短資FX

FOMC議事要旨では「大半のメンバーがインフレ低下は一過性と認識」等の内容が公表されたものの、マーケットの反応は鈍く全般的に小動き。ドル円は小幅に下値を切り上げ110円35銭前後で揉み合い。クロス円ではユーロ円が123円10銭前後で膠着状態、ポンド円が139円70銭前後で方向感に欠ける値動きとなったほか、豪ドル円も75円90銭前後で売買が交錯。また、ユーロドルは1.1155前後で、ポンドドルが1.2665前後のレンジ取引に終始している。5時22分現在、ドル円110.323-326、ユーロ円123.057-061、ユーロドル1.11540-543で推移している。

最終更新:5月23日(木)5時23分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン