ここから本文です

今日の株式見通し=軟調か 米国株安を受けて手控えムードが強まる

5月23日(木)8時40分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は軟調か。米国株は下落。ダウ平均は100ドル安の25776ドル。米中貿易摩擦激化懸念がぬぐえぬ中でIT株が下落したことに加え、小売株が決算を受けて下落したことが嫌気された。FOMC議事要旨では利下げへの期待を高めるような内容は確認できず、マーケットへの反応は限られた。ドル円は足元で110円30銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて50円安の21230円、ドル建てが40円安の21240円で取引を終えた。

 米国株の下落を受けて売り優勢の展開が想定される。CME225先物はきのうの日経平均終値(21283円)を若干下回る水準で、そこまで大きな下げとはならないだろう。FOMC議事要旨がそれほどハト派的な内容ではなかったことは、ドル売りを抑制する要因となる。ただ、国内・海外ともに先行き不透明感が強い中では、押し目買いも期待しづらい。売買手控えムードが強まり、上値の重い時間帯が続くだろう。日経平均の予想レンジは21150円-21300円。

最終更新:5月23日(木)8時40分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン