ここから本文です

英アームとの取引停止問題、解決可能=ファーウェイ

5月23日(木)0時10分配信 ロイター

[ロンドン 22日 ロイター] - ソフトバンクグループの英半導体設計会社アームが、米国の規制に従い中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との取引停止を社員に通知したと報じられたことについて、ファーウェイは、問題の解決は可能との見解を示した。

広報担当者は「取引先との緊密な関係は大切だが、政治的な動機に基づく決定で一部取引先が圧力を受けていることは認識している。当社はこうした遺憾な状況が解消され得ると確信している」とした。

BBCによると、アームは社員に対し、ファーウェイとその子会社との既存の契約やサポートなどを停止するよう指示。社員への通達は、米政府がファーウェイへの米製品の輸出を禁止すると発表した翌日の5月16日に行われた。アームの設計には米国を原産地とする技術が含まれるという。

最終更新:5月23日(木)0時15分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン