ここから本文です

前場コメント No.9 パナソニック、住友化学、ワールド、タカラトミー、青山商事など

5月22日(水)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
ワールド 2,322 -47
住友化 461 +2
パナソニク 805 +4
タカラトミ 1,085 +9
青山商 1,835 -3
★9:21  パナソニック-反落 モルスタ「テスラ株は最悪ケースなら10ドルに」で関連株に売り
 パナソニック<6752>が4日ぶり反落。米電気自動車(EV)メーカーのテスラについて、モルガン・スタンレーがEV市場を飽和状態にしたとの懸念から、最悪のシナリオに基づく予想株価を10ドルに引き下げたことが手がかり。これを受け「テスラ関連銘柄」の同社に売りが出ているもよう。
 ブルームバーグの報道によると、レポートでは「問題の核心は需要」と指摘。「目先の需要と比較すると、テスラは大きく成長し過ぎてしまい、需給ファンダメンタルズを強く圧迫している」と説明。中国販売が現在の予想値の半分しか達成できないという「弱気」シナリオとして、これまで予想株価を97ドルとしていた。目標株価は230ドルを継続。

★9:23  住友化学-SBIが目標株価引き下げ 中計達成のカギは健康・農業関連の収益拡大
 住友化学<4005>がもみ合い。SBI証券では、中期経営計画目標達成のカギは健康・農業関連の収益拡大と判断。投資判断「買い」を継続も、目標株価は710円→630円と引き下げた。
 注目点は以下の3点。(1)19年度のコア営業利益は横ばい見通し、(2)中期経営計画目標達成のカギは健康・農業関連事業の収益拡大、(3)ラツーダは2023年2月下旬まで後発品の影響を受けず販売継続。
 19年度からスタートした中計の最終年度となる21年度のコア営業利益目標は2800億円。19年度の会社計画コア営業利益(2050億円)から750億円の増益を予想しているが、セグメント別には健康・農業関連事業の増益幅が380億円(19年度計画370億円→21年度計画750億円)と最も大きい。同社では、能力増強によるメチオニンの販売数量の拡大や収益構造強化、新規農薬の上市、バイオラショナル事業の拡大などで大幅増益を見込むが、この達成にはメチオニンの収益改善がカギとSBIではみているとした。

★9:24  ワールド-みずほが目標株価引き上げ 在庫コントロールにより暖冬影響をカバー
 ワールド<3612>が反落。みずほ証券では、在庫コントロールにより暖冬影響をカバーしていると判断。投資判断「買い」を継続、目標株価を3500円→4150円と引き上げた。
 前19.3期業績は暖冬による季節商品の不振や物流経費の増加などがあったものの、在庫コントロールによる利益率の改善などでカバーし、コア営業利益は増益を確保した。外部環境に好転の兆しはないが、デジタル・プラットフォームを活用したM&A(合併・買収)案件の獲得は着実に進んでおり、B2Bソリューションにおける収益拡大の可能性は高まっている。既存アパレル事業の業績もおおむね安定しており、デジタル・プラットフォームの将来性を考慮すると、現行株価水準には割安感が強いとの見方を維持するとした。

★9:28  タカラトミー-いちよしがフェアバリュー引き上げ 20.3期も高水準の業績を予想
 タカラトミー<7867>が続伸。いちよし経済研究所では、海外事業の低迷は続くも、国内事業の好調で今20.3期も高水準の業績を予想。レーティング「B」を継続、フェアバリューは1500円→1600円と引き上げた。
 今20.3期も国内事業は高水準の業績推移が可能と考え、いちよし予想を会社計画並みに上方修正。注目商品は、男児向けの「ゾイドワイルド」(18年6月発売)や「爆丸」(19年4月発売)、女児向けの「L.O.L.サプライズ!」(18年7月発売)。新たな取り組みとして、18年7月にデジタル企画本部を新設、19年2月にはゲームソフトを販売するなどデジタル事業を推進する方針。海外事業については、業績底打ち感はあるものの、大幅な改善は見込めないと考えるとした。

★9:29  青山商事-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 業績予想を下方修正
 青山商事<8219>が小安い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、業績予想を下方修正。投資判断「Neutral」を継続、目標株価は2600円→2200円と引き下げた。
 エクイティストーリーは「20.3期以降の業績改善とそれに伴う株主還元増への期待の高まり」。競争激化のなか主力のビジネスウェア事業の販売減が止まらず、また、新規事業の業績寄与はなお小さい。このためエクイティストーリーは変更なし。
 前19.3期に業績が一段悪化した要因はビジネスウェア事業の落ち込み。業績持ち直しのためには、主力のビジネスウェア事業の業績悪化に歯止めをかける必要があると考えるとした。
小林

最終更新:5月22日(水)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン