ここから本文です

消費増税で景気後退リスク=必要なら緩和強化を―原田日銀審議委員

5月22日(水)18時00分配信 時事通信

 日銀の原田泰審議委員は22日、長崎市で記者会見し、10月に予定される消費税率引き上げについて「消費増税をすることによる景気後退のリスクは当然ある」と述べた。その上で、「景気が悪化し、2%物価目標の長期的達成も困難になるようなことがあれば、ちゅうちょなく金融緩和を強めることが必要だ」と強調した。
 景気の現状に関しては「非常に微妙な段階にある」と指摘。年率換算で2.1%のプラスとなった1~3月期の実質GDP(国内総生産)速報値については「輸入が減ったことと在庫が増えたことでGDPが増えた。この数字をもって(景気が)回復しているとは言えない」と分析した。 

最終更新:5月22日(水)20時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン