ここから本文です

〔NY外為〕円、110円台半ば(21日)

5月22日(水)6時22分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】21日のニューヨーク外国為替市場では、米中経済関係の悪化懸念が後退する中、安全資産とされる円が売られ、円相場は1ドル=110円台半ばに下落した。午後5時現在は110円43~53銭と、前日同時刻(110円01~11銭)比42銭の円安・ドル高。
 米商務省は20日、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に対する輸出を米企業に原則禁じる制裁措置について一部緩和すると発表した。ファーウェイが米国で展開する通信ネットワークやスマートフォンの保守などに関わる取引に限り、8月19日までの3カ月間暫定的に容認するという。これを受け、米中関係が悪化して貿易戦争が激化するのではないかとの懸念が和らいだことから、この日は欧米株価が上伸。投資家のリスク回避姿勢が後退したため、安全資産とされる円を売ってドルを買い戻す動きが広がった。
 米不動産業者協会(NAR)が朝方発表した4月の中古住宅販売件数は、季節調整済み年換算で前月比0.4%減の519万戸と、市場予想(ロイター通信調べ)の535万戸を下回ったが、相場の反応は限定的だった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1156~1166ドル(前日午後5時は1.1160~1170ドル)、対円では同123円30~40銭(同122円81~91銭)。(了)

最終更新:5月22日(水)8時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン