ここから本文です

住友不動産など-後場下げ幅拡大 4月の首都圏マンション発売戸数39%減 減少は4カ月連続

5月21日(火)14時43分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
野村不HD 2,325 +3
菱地所 2,053.5 +2
東建物 1,238 -28
住友不 3,945 -30
 住友不動産<8830>が後場下げ幅拡大。21日13時に、不動産経済研究所(東京都新宿区)から発表された4月のマンション市場動向調査で、首都圏の新築マンション発売戸数が前年同月比39.3%減の1421戸と低調だったことが材料視されている。減少は4カ月連続。一方、契約率は1.3ポイント上昇の64.3%だった。
 三菱地所<8802>、東京建物<8804>、野村不動産ホールディングス<3231>なども軟調に推移している。
斎藤

最終更新:5月21日(火)14時43分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン