ここから本文です

【本日の材料と銘柄】ゲームソフト銘柄の株価が低迷する中、テイクツーに上値余地

5月21日(火)11時45分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
ミクシィ 2,325 -60
ソニー 6,411 +36
バンナムH 6,400 +20
任天堂 42,830 +370
ゲームソフト銘柄の株価が低迷する中、テイクツーに上値余地があると、米経済誌バロンズは報じている。テイクツーのCEOであるストラウス・ゼルニック氏は良質のゲームの開発を最優先していると述べ、「発売が遅れて非難されることもあったが、そうした開発姿勢が傑出した高品質に反映されていることは実証済みと考えている。品質最優先の姿勢が目覚ましい販売実績をけん引してきた」と説明していると伝えている。

<6758>ソニー {PS4}
<7974>任天堂 {ポケモン}
<2121>ミクシィ {モンスターストライク}
<7832>バンナムHD {鉄拳シリーズ}
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:5月21日(火)15時36分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン