ここから本文です

新興市場銘柄ダイジェスト:メディシノバが急伸、ケア21はストップ高、

5月21日(火)15時19分配信 フィスコ

現在値
やまねメデ 426 ---
ケア21 1,839 -20
イメ情報開 690 -7
アンドール 459 -1
メディシノ 783 +49
<4640> アンドール 436 -64
急落。20年3月期の営業利益予想を前期比68.6%減の1.00億円と発表。エンジニア育成を推進するほか、新商品・新サービス情報の開示機会の充実を図る。4月1日に子会社を吸収合併し、単体決算に移行。19年3月期の営業利益(連結ベース)はエンジニアリング事業の好調などで19.3%増の3.18億円で着地した。20年3月期は一転して減益になると見込んでいることが嫌気され、売りが膨らんでいる。


<3803> イメージ情 737 +100
ストップ高。20年3月期の営業損益予想を0.01億円の赤字と発表している。赤字額の縮小が好感され、買いが入った。システム構築受注拡大を図るとともに、事業の多角化や機動的な事業再編、柔軟性を確保する。19年3月期の営業損益は連結子会社の除外などが響き、0.47億円の赤字(前期実績0.05億円の黒字)だった。また、3月8日に行った過年度決算の訂正に絡み、東証から改善報告書の提出を請求されている。


<4875> メディシノバ 1231 +81
急伸。役員及び取締役による受託者義務違反の可能性に関するインターネット上での書き込みなどに対し、否定するコメントを発表している。同社は「本件に関する何らかの公式な通知や連絡を受領した事実はない」とした上で、「当社の役員及び取締役が受託者義務の違反を問われるようなことは何一つとして存在しないものと考えている」と強調。発表を受けて投資家の間に安心感が広がっているようだ。


<2144> やまねメディ 422 +17
反発。単独株式移転で純粋持株会社「SIホールディングス」を設立すると発表している。やまねメディカル<2144>は持株会社の完全子会社となる。株式移転比率は1対1で、株主に割当交付される。やまねメディカルは9月27日に上場廃止となり、持株会社が10月1日に上場する予定。企業体制の再編が将来の利益向上につながるとの期待から、買いが広がったようだ。


<2373> ケア21 1640 +300
ストップ高比例配分。19年10月期第2四半期累計の営業損益を従来予想の1.00億円の黒字から3.00億円の黒字(前期実績1.23億円の赤字)に上方修正している。投資効率の改善を進めたことに加え、施設の稼働率改善や総コストの縮減に努めたことが奏功し、利益が押し上げられる見通し。通期予想は不確定要素があるとして前期比53.1%増の8.00億円の黒字で据え置いた。


<6150> タケダ機械 2999 +126
大幅続伸。19年5月期の営業利益を従来予想の7.30億円から8.40億円(前期実績6.51億円)に上方修正している。政府の経済政策による需要の後押しや最近の人手不足による労働環境の逼迫を受け、効率化や省力化に対応する製品需要が予想を上回るペースで推移し、工場の稼働が高水準で維持しているため。取引時間中としては7日以来2週間ぶりに節目の3000円を突破したことも買いに拍車を掛けたようだ。


《DM》
株式会社フィスコ

最終更新:5月21日(火)15時30分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン