ここから本文です

NY為替:株価動向にらみで109円81銭から110円06銭で推移

5月21日(火)6時12分配信 フィスコ

 20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円81銭まで下落後、110円06銭まで上昇し、110円06銭で引けた。米トランプ政権による中国ファーウェイへの事実上の輸出規制決定を受け、影響を懸念した欧米株安に円買いが先行。その後、株安がいったん落ち着いたのにともない円売りが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1157ドルから1.1175ドルで推移し、1.1166ドルで引けた。ユーロ・円は122円56銭まで下落後、122円89銭まで上昇した。

 ポンド・ドルは1.2746ドルから1.2715ドルまで下落。ブレグジットの不透明感を懸念したポンド売りが優勢になった。ドル・スイスフランは1.0081フランから1.0093フランで推移した。

《KK》
株式会社フィスコ

最終更新:5月21日(火)7時57分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン