ここから本文です

後場の日経平均は13円安でスタート、ソニーや東京海上などがマイナスで推移

5月21日(火)13時14分配信 フィスコ

現在値
ZOZO 1,864 +20
花王 8,258 +179
ソニー 5,838 +98
村田製 4,609 +67
スズキ 4,400 +33
日経平均 : 21288.60 : (-13.13)
TOPIX : 1551.13 : (-3.79)


 後場の日経平均は前日比13.13円安の21288.60円と前引けから下げ幅を縮小して取引を開始した。225先物はランチタイムにかけて21230円-21310円のレンジで推移。中国・上海総合指数が寄り付きから上げ幅を大きく拡大した流れを受け、後場の日経平均は前引けから下げ幅を縮める形で寄り付いた。その後は、一時プラスに転換する場面も見られている。 業種別では、海運業、鉱業、倉庫・運輸関連業、石油・石炭製品、保険業、電気機器、その他製品などがマイナスで推移。一方、情報・通信業、ゴム製品、銀行業、鉄鋼、食料品などがプラスで推移している。売買代金上位では、ソニー<6758>、東京海上<8766>、花王<4452>、ZOZO<3092>、東京エレクトロン<8035>、村田製作所<6981>などがマイナスで推移。一方、ソフトバンクG<9984>、スズキ<7269>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンク<9434>、キヤノン<7751>などがプラスで推移している。《HH》
株式会社フィスコ

最終更新:5月21日(火)13時17分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン