ここから本文です

21日の東京株式市場見通し=反落後、もみ合いとなりそう

5月21日(火)7時47分配信 モーニングスター

現在値
LINE 3,035 +35
シャープ 1,145 -3
ソニー 5,631 -121
 予想レンジ:2万1000円-2万1400円(20日終値2万1301円73銭)

 21日の東京株式は反落後、もみ合いとなりそう。現地20日の欧米株式の下落を受け、朝方は売りが先行するとみられる。米中の貿易摩擦問題が意識されるなか、積極的な売買は期待しづらく、値動きの軽い中小型株に物色の矛先が向かいそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の前半(20日終値は110円11-12銭)、ユーロ・円が1ユーロ=122円台の後半(同122円91-95銭)と小動き。20日のADR(米国預託証券)は円換算値で、LINE <3938> 、シャープ <6753> 、ソニー <6758> などが、20日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、20日の大阪取引所終値比165円安の2万1145円だった。(高橋克己)

21日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・13:00 4月首都圏新規マンション発売
・14:30 4月百貨店売上高
・16:00 4月訪日外客数

【海外】(時間は日本時間)
・11:30 タイ1-3月期GDP
・23:00 米4月中古住宅販売件数
・OECD世界経済見通し
・決算発表=ホーム・デホ

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月21日(火)7時47分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン