ここから本文です

オリンパス、高周波焼灼電源装置と組み合わせて使用するアルゴンプラズマ電源装置を発売

5月21日(火)7時35分配信 モーニングスター

現在値
オリンパス 1,191 -18
 オリンパス <7733> は20日、早期がんなどの内視鏡的治療において、内視鏡処置具を接続して病変部の切開、凝固を行う高周波焼灼電源装置「ESG-300」と、これと組み合わせた専用機として広範囲の組織表層を均一に凝固するアルゴンプラズマ電源装置「APU-300」を国内で発売すると発表した。

 「ESG-300」は、消化管領域における早期がんなどの内視鏡的治療を行う際に使用する機器。内視鏡処置具に接続して高周波電流を発生させることで、病変部の切開や凝固を行う。「APU-300」と組み合わせて使用することで、安定した石灰・凝固の実現をサポートするという。

 20日終値は、前週末比1円安の1314円。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月21日(火)7時35分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン