ここから本文です

ホンダ、CiNetと脳科学を用いたモビリティー・ロボティクス領域で共同研究

5月21日(火)7時33分配信 モーニングスター

現在値
ホンダ 2,766 -9
 ホンダ <7267> は20日、グループで研究開発を手掛ける本田技術研究所が、情報通信研究機構の脳・人工知能研究に関する代表的な研究機関である脳情報通信融合研究センター(CiNet)と、脳科学を用いたモビリティー・ロボティクス領域における共同研究を開始したと発表した。

 今回の共同研究では、ドライバーとクルマが一体化したような運転操作感や、最適なヒューマン・マシン・インターフェースなどを、脳科学を用いて解明する。それにより、より安全・安心で快適なモビリティー・ロボティクス技術開発の基準作りを目指すとしている。

 20日終値は、前週末比17.5円高の2829.5円。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月21日(火)7時33分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン