ここから本文です

大日印、コンシェルジュが商品サービスの説明を行うDNP遠隔接客支援サービス」の提供を開始

5月21日(火)7時31分配信 モーニングスター

現在値
大日印 2,436 -4
 大日本印刷 <7912> は20日、コンタクトセンターと店頭をビデオ通話でつなぎ、遠隔地のコンタクトセンターにいるコンシェルジュが店頭の販売員に代わって商品・サービスの説明を行うなど、販売員不足という小売業界の課題の解決につなげる「DNP遠隔接客支援サービス」の提供を開始すると発表した。

 コンタクトセンターにいるコンシェルジュは、各店舗のタブレット端末を通して、来店客の問い合わせに対応。同サービスを導入することで、複数の店舗を同時につないだ、相互の接客支援も可能になるという。また、来店客が多い店舗と少ない店舗の間で同サービスを活用することで、業務負荷を平準化できるなど、少ない販売員でも多くの接客を行えるようになるため、コストの削減や商談の機会損失の防止にもつながるとしている。

 20日終値は、前週末比44円高の2559円。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月21日(火)7時31分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン