ここから本文です

【ディーラー発】豪ドル売り継続(東京午後)

5月21日(火)13時48分配信 セントラル短資FX

ハト派色の強いRBA議事要旨に続き、豪中銀総裁の「6月の利下げを検討する」等の発言を受け豪ドル売りが継続。対ドルで0.6879付近まで、対円では75円81銭付近まで続落したほか、NZドルも連れ安となり、対ドルで0.6511付近まで、対円で71円74銭付近まで値を崩すなどオセアニア通貨は弱含み。一方、ドル円は日経平均が一時前日比プラス圏に浮上したことを支えに110円26銭付近まで僅かに上値を拡大した。13時46分現在、ドル円110.190-193、ユーロ円122.975-979、ユーロドル1.11603-606で推移している。

最終更新:5月21日(火)13時48分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン