ここから本文です

「コメダ珈琲」のコメダHD、2019年4月の既存店売上高は期初から2カ月連続のプラス成長に

5月21日(火)12時00分配信 LIMO

写真:LIMO [リーモ]
拡大写真
写真:LIMO [リーモ]
現在値
コメダHD 2,025 +15
シリーズでお伝えしている「注目小売店月次実績」。今回はコーヒーチェーン店「コメダ珈琲」を運営するコメダHD <3543> の、2019年4月の月次動向及び過去実績、また過去1年の株価動向について振り返ってみましょう。

直近の月次実績

2019年5月10日に更新されたコメダHDの2019年4月既存店売上高は、対前年同月比で110.0%とプラス成長になりました。なお、同社の客数・客単価の内訳は開示されていません。

また全店売上高も、114.6%のプラス成長となっています。

今期の既存店売上高の振り返り

では、同社のこれまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は2月決算)。

既存店売上高は、前期(2019年2月期)の下期は全ての月でプラス成長を達成。今期も2カ月連続のプラス成長でスタートしました。なお、前期は3~5月がマイナス成長であったため、今期は前期より堅調な滑り出しを見せています。

全店売上高は前期全ての月でプラス成長を果たしており、今期もプラス成長が継続しています。

過去1年の株価動向

コメダホールディングスの過去1年間の株価推移
拡大写真
コメダホールディングスの過去1年間の株価推移
最後に同社の株価動向を見ていきましょう。

同社の株価は、2018年秋の高値2,400円付近を付けた後に反落しました。12月26日に2,006円の安値を付けた後、いったん上昇しましたが、再び下落し5月10日には1,985円となり安値を更新。現在は安値圏での攻防が継続しています。

既存店売上高は前期に比べ堅調に推移する一方、株価は安値圏での攻防が継続中です。堅調な既存店売上高を背景としながらも、苦戦する株価の今後の方向性が注目されます。

参考資料:2020年2月期 FC向け卸売売上前年比・総店舗数、2019年2月期 FC向け卸売売上前年比・総店舗数
LIMO編集部

最終更新:5月21日(火)12時00分

LIMO

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン