ここから本文です

前場コメント No.15 中央ビルト、キッコーマン、エムティーアイ、JAL、凸版印刷など

5月20日(月)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
中央ビルト 707 ---
キッコマン 4,590 ---
大正製薬H 8,320 ---
凸版印 1,659 ---
JAL 3,489 ---
★11:03  中央ビルト工業-急落 今期最終益28%減見込む 前期は最終黒字転換
 中央ビルト工業<1971>が急落。同社は17日に、20.3期通期の純利益予想を8100万円(前期比27.5%減)と発表した。
 併せて発表した、19.3期通期の純損益は1億1100万円の黒字(前の期は9900万円の赤字)だった。仮設関連の需要に応えるべく保有機材の拡充や生産体制の強化に努め、住宅鉄骨部門の製造も順調に推移したことが寄与した。

★11:06  キッコーマン-SMBC日興が目標株価引き下げ トップライン成長力は健在
 キッコーマン<2801>が小高い。SMBC日興証券では、トップライン成長力は健在しており、割高感は後退したとみて、投資評価「1(アウトパフォーム)」を継続した。目標株価は6200円→5700円と引き下げた。
 投資評価「1」継続の理由は、(1)海外しょうゆ、卸売、国内豆乳と、トップライン成長力は健在、特に海外は事業規模拡大で増収効果のペースが加速している、(2)営業利益は1ケタ台半ば~後半の安定した成長が依然として見込める、(3)1年先PERは32倍、過去5期平均並みに株価が調整されていることなど。
 ただし、課題も残ると指摘。国内事業は収益性向上に向けての道筋が描かれておらず、中計で掲げた経営目標に大きくかい離する。カタリストは、中計目標達成に経営が執着する姿勢を示すこと、国内付加価値化を進め利益率を向上させること、株主還元の強化などとした。

★11:09  エムティーアイ-4日続伸 グループ会社がクラウド薬歴「ソラミチ」提供開始
 エムティーアイ<9438>が4日続伸。同社は20日に、グループ会社で調剤薬局のシステムの企画・開発・販売を行うソラミチシステム(東京都新宿区)が、クラウド薬歴「Solamichi(ソラミチ)」を開発し、提供を開始したと発表した。
 このシステムは、処方内容のチェックや薬歴の作成など、業務改善をサポートし薬剤師の負担を軽減することで患者とのコミュニケーションを増やし、かかりつけ薬剤師・薬局の推進を支援するサービスという。
 今後は同社が提供する「ルナルナ」や「CARADA」などのアプリと連携し、患者の健康データも合わせて一元管理できるようになり、一人ひとりの健康状況に合わせたより適切な服薬指導をサポートするとしている。

★11:11  JAL-もみ合い 19.3期決算は想定線との見方 「中立」継続
 日本航空<9201>がもみ合い。ゴールドマン・サックス証券では、前19.3期決算は想定線と判断。投資判断「中立」を継続も、目標株価は4250円→4410円と引き上げた。
 前19.3期営業利益はおおむねGS想定線(GS予想に対して-1.9%)。売上高とコストはいずれもGS予想に一致(売上高はGS予想に対して-0.2%、コストは同-0.1%)。この決算と新しい会社計画を踏まえ、GSでは今20.3期~来21.3期の営業利益予想をそれぞれ-5%/-2%修正。会計方法の変更による減価償却費の増加を主に反映したもの。
 GSの今20.3期営業利益予想は会社計画を約2%(35億円)上回るとしたが、これはGSの燃料価格予想が会社計画を下回るためと考えられる(ジェット燃料予想は79ドル/バレル、会社計画は90ドル/バレル)。JALが想定する燃料価格と同社が公表した感応度を用いると、GSの営業利益予想は会社計画を60億円上回っていたと推計されるとした。

★11:14  凸版印刷-底堅い 総務省が推進する統一QR普及事業に参画
 凸版印刷<7911>が底堅い。同社は20日に、総務省が推進する「統一QR『JPQR』普及事業」の請負事業者として採択され、8月1日より岩手県、長野県、和歌山県、福岡県で統一QRコード・バーコード(JPQR)を使用したコード決済導入に関する効果検証を実施すると発表した。
 この事業は、コード決済の小規模店舗を含めた広範な普及を図るため、面的に統一QRコード・バーコード(JPQR)を導入し、地域における加盟店開拓業務プロセスなどの検証と、低廉な手数料率でのサービス提供などによるキャッシュレス化進展に向けた効果検証を4つの地域(岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の県全域)にて行う。同社はこの事業を通じて、QRコードやバーコードを用いた決済の広範な普及を図り、キャッシュレス社会の実現を支援するとしている。

★11:21  大正製薬HD-3日ぶり反落 ベトナムDHG社を連結子会社化
 大正製薬ホールディングス<4581>が3日ぶり反落。同社は20日11時、同社の連結子会社である大正製薬が、ベトナムDuoc Hau Giang Pharmaceutical JSC 社の発行済株式総数の 51.01%を取得し、連結子会社化したと発表した。
 DHG社の18.12期の連結売上高は182億円、営業利益は33.2億円。20.3期2Q(7-9期)から同社業績への取り込みを予定している。
小林

最終更新:5月20日(月)11時32分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン