ここから本文です

都築電気はマドを開け大陽線示現、AI・IoT関連で頭角現す

5月20日(月)9時21分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
都築電 1,137 +37
 都築電気 <8157> がマドを開けて大陽線を示現、1100円台後半に上値を伸ばし年初来高値に買われている。5月に入り一気に上値追いが加速している。富士通グループで情報ネットワークソリューションサービスを展開、19年3月期営業利益は前の期比31%増の33億1800万円と急拡大、20年3月期も前期比6%増の35億円と利益成長が続く。19年3月期年間配当は前の期比10円増配の39円と大幅増配するなど株主還元に厚い。依然としてPER9倍未満、PBR0.7倍は割安感が強い。会社側は、次代の成長分野であるAIとIoT、エッジコンピューティング分野に経営の重心を置く方針を明確に打ち出しており、これが株価を強く刺激している。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:5月20日(月)9時21分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン