ここから本文です

日経平均は55円高でスタート、ソフトバンクGやファーストリテが堅調

5月20日(月)9時35分配信 フィスコ

現在値
武田薬 3,718 +4
SMC 40,920 +450
安川電 3,750 +125
村田製 4,816 +132
三菱UFJ 527.6 +2.7
日経平均 : 21305.97 (+55.88)
TOPIX : 1556.02 (+1.77)


 20日の日経平均は前週末比55.88円高の21305.97円と続伸でスタート。17日の米国株式相場でダウ平均は98.68ドル安の25764.00、ナスダックは81.76ポイント安の7816.28で取引を終了。中国政府が米国の交渉姿勢を批判し、協議再開に消極的な姿勢を示したことから売りが先行。5月ミシガン大学消費者マインド指数が予想を大幅に上振れたほか、トランプ政権がカナダ及びメキシコへの鉄鋼・アルミニウム関税を撤廃するとの報道を受けて一時下げ幅を縮小する場面も。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の21225円。ただし、寄り付き前に発表された1-3月期国内総生産速報値が、前期比年率+2.1%と予想(前期比年率-0.2%)を大幅に上回ったことから、ひとまずは買いが先行する格好となっている。 売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、武田薬<4502>、三菱UFJ<8306>、NTT<9432>などが堅調。一方、SMC<6273>、村田製<6981>、安川電機<6506>などが軟調となっている。業種別では、海運、不動産、銀行などが上昇率上位にランクイン。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:5月20日(月)9時52分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン