ここから本文です

国内外の注目経済指標:4月の米耐久財受注は反動減の予想

5月18日(土)14時54分配信 フィスコ

20日-24日に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■22日(水)午前8時50分発表予定
○(日)4月貿易収支-予想は+2241億円
参考となる4月上中旬の貿易収支は-4872億円で赤字額は前年同期(2375億円)の2倍超となった。2018年4月の貿易収支は最終的に+6210億円だったが、今年4月の貿易収支は輸入増、輸出減の影響で黒字額は前年比で縮小する見込み。市場予想は妥当か。

■23日(木)午後5時発表予定
○(欧)5月マークイットユーロ圏製造業PMI-予想は、48.2
参考となる4月実績は47.9。5月については製造業の生産ペースが上がっていないことや、国際貿易環境の改善が遅れていることなどから、大幅な改善は期待できない。好不調の節目となる50を大幅に下回る状態が続く見込み。

■23日(木)午後10時45分発表予定
○(米)5月マークイット製造業PMI-予想は53.0
4月実績は52.6。5月については複数の地区連銀の景況指数が市場予想を上回っていることや、雇用情勢が良好であることから、4月実績をやや上回る可能性がある。市場予想は妥当な水準か。

■24日(金)午後9時30分発表予定
○(米)4月耐久財受注-予想は前月比-2.0%
参考となる3月実績は前月比+2.6%で市場予想を大幅に上回った。民間航空機・同部品が前月比+31.2%の大幅増となったことが要因。4月については、民間航空機・同部品の受注額が大幅に減少するため、全体の数字は減少する見込み。なお、企業の設備投資の先行指標となる「航空機を除く非国防資本財」(コア資本財)の受注は3月に前月比+1.3%の高い伸びを記録したが、4月は反動減となる可能性が高いとみられている。

○その他の主な経済指標の発表予定
・20日(月):(日):1-3月期国内総生産(GDP)速報値
・21日(火):(米):4月中古住宅販売件数
・22日(水):(英)4月消費者物価指数
・23日(木):(独)5月マークイット製造業PMI、(米)4月新築住宅販売件数、(米)5月マークイットサービス業PMI
・24日(金):(日)4月全国消費者物価指数、(英)4月小売売上高


《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:5月18日(土)15時07分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン