ここから本文です

眼の前で倒れた女性をAEDで救命……でも痴漢に間違われないか?

5月18日(土)13時00分配信 LIMO

写真:LIMO [リーモ]
拡大写真
写真:LIMO [リーモ]
最近は、役所や公民館、学校、ショッピングセンターや映画館といった公共施設を中心に、AED(自動体外式除細動器)を置いているところも多くなりました。ただ、もし目の前で倒れてしまって動かない人がいたら、あなたは躊躇(ちゅうちょ)なくAEDを使うことができますか? 

自動車教習所などで「いちおうAEDの使い方は習ったことがある」という方もいらっしゃると思います。「そもそも使い方がわかるか」という点もあるかもしれませんが、特に女性や高齢者が倒れているときなどに、

・女性の服を公衆の面前で勝手に脱がしてもいいのか……? 
・「胸骨が折れるぐらいの勢いで」心臓マッサージするように教わったけど、本当に折れちゃったらどうしよう……? 

といった疑念が浮かんで躊躇してしまう方も多いようなのです。では、一体どう行えばいいのでしょうか? 

救命処置の手順

まず、本題に入る前に、以下に救命処置(心肺蘇生法とAEDの使用)の手順をごく簡単に記します。

1.肩などを優しくたたきながら「大丈夫ですか?」など呼びかけを行う
2.周囲の人に119番通報とAEDの調達を依頼する(1人の場合はそれらを自分でやったあとに「3」以降の手順を行う)
3.呼吸の確認をする。ない場合、わからない場合は「4」の胸骨圧迫(心臓マッサージ)へ
4.胸の真ん中あたりで1分間100~120回のテンポで胸骨圧迫を30回行う。その後、気道確保と人工呼吸(2回)。普段どおりの呼吸が戻るまで、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返す
5.AEDが到着したらAEDの電源を入れる
6.AEDパッドを指示通りに貼る
7.AEDが解析し、必要と判断された場合、電気ショックを実行する
8.胸骨圧迫を再開する
※ 東京消防庁・日本赤十字社・日本医師会などのウェブサイトの情報をもとに執筆者作成
さて、先ほども触れた通り、上の手順の中で、「AEDパッドを貼る段階」や「胸骨圧迫」で躊躇する人が多いかもしれないと見られているのです。

AED救命に「男女の差」が30%も

京都大学などの調査によると、学校内で心肺停止した生徒に対し、AEDによる救命が使われたかどうかに関して、高校生以上では男女で差があるということが明らかになりました。

具体的には、小・中学生においては男女の差がない一方で、高校生・高専生において、心肺停止した生徒でAEDのパッドが貼られたのは男子のうち83.2%、女子のうちでは55.6%と、実に約30ポイントの差があることがわかったのです。

この差の原因としては、「女性の服を脱がすこと」に抵抗感があるのではないかと推測されており、実際、ネット上でも躊躇する声が多く見受けられます。

ためらいの声

女性へのAED使用に関しては、倒れた女性本人からの申し立てよりも、その周囲の目などを気にする方も少なくないようです。

「“セクハラ“ってよぎるとちょっと躊躇うと思う。服脱がす時、下着剥がす時、パッド貼るとき」
「本人の許可なく女性の肌を勝手に晒すのにはちょっとなぁ」
「意識が少しでもあれば、AEDのために脱がせたとしても痴漢だと思われそう」
「(AED使用中に)スマホで写真撮る野次馬もいそう」

また、女性へのAED使用だけでなく、高齢者などへの使用に対して不安を覚える人もいるようです。たとえば、次のような声が上がっています。

「肋骨外れてもええから強く押せ! 高齢者じゃない限り簡単には外れんって言われたけど、高齢者で外れたら絶対訴えられるよなぁ……」
「女性で老人とかだと肋骨折れたりするとか聞いて、怖くてやれない」

他にも、講習を受けたのが6年前だとか、講習は受けたけど内容を覚えてないだとか、手順を間違えたらどうしよう、などの声もあり、目の前にAEDによる処置が必要な人がいても、使うことができる人は意外に限られているのかもしれません。

実際、強制わいせつや傷害罪にあたるのか?

『AEDガイド』が、数回にわたって弁護士に行った取材によると、「手順を間違えた」「肋骨を折った」などの過失があっても、一般人であれば民事でも刑事でも訴えられて負けることはないようです。救命活動を行ったのが看護師や医者であれば可能性はあるようですが、基本的には刑法の「緊急避難行為」にあたり、罪にはならないようです。

同取材内では、セクハラなどに関しても、人命救助の手順から逸脱しない限り、「強制わいせつ」などにはあたらないと述べられています。つまり、AEDパッドを貼るために服を破く、ブラジャーなどの下着を外す、心臓マッサージのために胸を触るという行為が、期せずして痴漢やセクハラだとされてしまう懸念は、ほぼ杞憂のようです。ただ、ほとんどの場合において、ブラジャーを外す必要はないとのことです。

また、最近では、AEDとともに三角巾を設置しているところもあり、もし女性の裸に配慮するならば、AEDパッドの上にそういったものをかぶせて胸を覆うこともできるようです。

「いざ」というときのために

日本AED財団は、次のような呼びかけをしています。

「呼吸があるかどうかの判断は難しい。でも心臓が止まっているかどうかの判断はAEDがして教えてくれる。まずはAEDを使おう!」
「心停止の現場に居合わせた人が胸骨圧迫を行うことで約2倍、AEDを用いた電気ショックでさらに2倍、救命率が高まります。胸骨圧迫とAEDで電気ショックを行うと半数以上の人を救命できます」

実際に使う機会はなかなかないとは思いますが、もしも目の前にAEDが必要な人、必要としているかもしれない人がいれば、いつでも躊躇せずに使い、命を助けられるように、心構えだけはしておきたいところですね。
クロスメディア・パブリッシング

最終更新:5月20日(月)6時55分

LIMO

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン