ここから本文です

新興市場銘柄ダイジェスト:アイレックス、インパクトがストップ高

5月17日(金)15時16分配信 フィスコ

現在値
ドーン 1,380 -15
ソケッツ 1,181 -1
エコモット 1,388 +17
シダックス 268 -2
インパクト 1,643 +14
 <6944> アイレックス 3045 +503
ストップ高。20年3月期の営業利益予想を前期比84.7%増の2.55億円と発表している。組込み領域での開発やクラウド関連の技術力を向上させ、次世代通信システム関連の投資需要等に重点的に取り組む。同時に発表した19年3月期の営業利益は1.38億円(前期実績は非開示)で着地した。株価が25日、75日、200日の各移動平均線を上抜けたことも先高期待につながったようだ。

<6067> インパクト 5600 +705
ストップ高。アウトソーシング事業やリゾートバイトに特化したマッチングサイトを運営する子会社のMEDIAFLAG沖縄がBI(Business Intelligence)ツール活用支援サービスを開始したと発表。企業が蓄積しているデータを同社が集計・分析し、数値管理や改善につなげる。また、第三者割当で新株28万2500株を発行する。調達資金の9.92億円は借入金の返済に充てる。

<4837> シダックス 292 -13
大幅に続伸。19年3月期の営業利益を従来予想の8.70億円から17.39億円(前期実績11.69億円)に上方修正している。フードサービス事業が想定よりも堅調に推移したことに加え、間接部門での経費削減や退職制度の変更に伴う労務関連引当金の取り崩しなどで利益が押し上げられる見通し。株価が25日移動平均線を上抜けたことも買いを後押ししたようだ。株価は引け直前に急落し、マイナス転換。

<3634> ソケッツ 1159 +26
大幅に4日ぶり反発。NTTドコモ<9437>が提供する検索サービス「dメニュー」向けに関連人物データライセンスの提供を開始したと発表している。dメニューのユーザーが人物検索をした際に、人物の基本情報に加え、検索対象の「人物のつながり」を表示、関連する人物とのつながり理由を含め閲覧できるようになる。データライセンス提供が利益拡大に資するとの見方から買いが集まった。

<2303> ドーン 1026 +5
大幅に3日ぶり反発。19年5月期の年間配当を従来予想の6.50円から7.50円(前期実績6.00円)に増額修正している。同期の業績動向のほか、今後の経営環境や事業展開を総合的に勘案した。ドーン<2303>の19年5月期の営業利益予想は前期比11.1%増の1.80億円となっている。増配を受けて会社計画を達成する可能性が高いとの見方が広がり、買いが入っている。

<3987> エコモット 1549 +59
大幅に7日ぶり反発。パイオニアと次世代カーテレマティクスソリューションの提供で協業したと発表している。パイオニアの先進運転支援システムを搭載した通信型2カメラドライブレコーダーを活用し、ハイブリッドAIが事故リスクを予測して合成音声でドライバーに回避行動を促す。自動車事故の抑止に向け、需要拡大が期待できるとの見方から投資資金が流入している。

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:5月17日(金)15時25分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン