ここから本文です

香港寄り付き:反落スタート、米中摩擦を警戒 テンセントが安い

5月16日(木)10時39分配信 トレーダーズ・ウェブ

 16日の香港市場でハンセン指数は反落して始まった。米商務省は15日、安全保障上の懸念があるとして輸出を規制する外国企業のリスト(エンティティー・リスト)に中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を追加。米中通商摩擦への警戒が高まっている。

 指数は日本時間午前10時38分現在、前日比0.59%安の28101.22ポイントで推移。個別では、前日大引け後に2019年1-3月期決算を発表したIT大手のテンセント(00700)が安い。通信機器大手の中興通訊(00763)が大幅安。スマホ部品メーカーの舜宇光学科技(02382)や瑞声科技(02018)、マカオカジノの銀河娯楽(00027)が売られている。半面、本土保険大手の中国平安保険(02318)、香港不動産株の長江実業集団(01113)や新世界発展(00017)が堅調。
浅野

最終更新:5月16日(木)10時39分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン