ここから本文です

香港寄り付き:反落スタート、米中摩擦を警戒 テンセントが安い

5月16日(木)10時39分配信 トレーダーズ・ウェブ

 16日の香港市場でハンセン指数は反落して始まった。米商務省は15日、安全保障上の懸念があるとして輸出を規制する外国企業のリスト(エンティティー・リスト)に中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を追加。米中通商摩擦への警戒が高まっている。

 指数は日本時間午前10時38分現在、前日比0.59%安の28101.22ポイントで推移。個別では、前日大引け後に2019年1-3月期決算を発表したIT大手のテンセント(00700)が安い。通信機器大手の中興通訊(00763)が大幅安。スマホ部品メーカーの舜宇光学科技(02382)や瑞声科技(02018)、マカオカジノの銀河娯楽(00027)が売られている。半面、本土保険大手の中国平安保険(02318)、香港不動産株の長江実業集団(01113)や新世界発展(00017)が堅調。
浅野

最終更新:5月16日(木)10時39分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン