ここから本文です

RS Technologies---1Qは2ケタ増収増益、プライムウェーハ製造販売事業が好調に推移

5月16日(木)16時36分配信 フィスコ

現在値
RSTec 3,620 +40
RS Technologies<3445>は15日、2019年12月期第1四半期(19年1-3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比21.5%増の63.11億円、営業利益が同19.0%増の14.14億円、経常利益が同50.9%増の13.73億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同76.7%増の8.19億円となった。

第1四半期において、プライムウェーハ製造販売事業及び半導体関連装置・部材等事業が好調であったことが増収増益に寄与した。また、2019年1月にDGテクノロジーズを連結子会社化し、半導体関連装置・部材等事業を強化した。

ウェーハ事業の売上高は前年同期比0.4%増の25.22億円、セグメント利益(営業利益)は同1.5%増の9.08億円となった。

プライムウェーハ製造販売事業の売上高は同20.4%増の30.46億円、セグメント利益(営業利益)は同80.2%増の7.30億円となった。

半導体関連装置・部材等事業の売上高は同238.5%増の8.16億円、セグメント利益(営業利益)は同7.5%減の0.37億円となった。

2019年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比12.6%増の286.88億円、営業利益が同3.8%増の59.71億円、経常利益が同0.2%増の61.51億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同0.0%増の36.21億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:5月16日(木)16時36分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン