ここから本文です

NY株式:NYダウ115ドル高、輸入自動車への追加関税措置を先送り

5月16日(木)7時00分配信 フィスコ

米国株式相場は上昇。ダウ平均は115.97ドル高の25648.02、ナスダックは87.65ポイント高の7822.15で取引を終了した。4月小売売上高が予想外のマイナス成長となり、売りが先行。その後は、トランプ米大統領が輸入自動車に対する関税引き上げを巡る判断を最大6ヶ月間延期するとの報道が好感されたほか、米中協議への楽観的な見方から上昇に転じた。セクター別では、メディアやソフトウェア・サービスが上昇する一方で銀行や各種金融が下落した。

輸入自動車に対する関税措置の延期が報じられ、フォード(F)やゼネラル・モーターズ(GM)など自動車関連銘柄が買われた。検索大手のアルファベット(GOOGL)は、オンライン検索や動画配信サービス「Youtube」などに新たな広告フォーマットを追加することを発表し上昇。中国オンライン小売大手のアリババ・グループ(BABA)は、決算内容が予想を上振れ堅調推移。一方で、小売売上高を受けて市場環境の先行き不透明感が強まり、アパレルのギャップ(GPS)、百貨店のメーシーズ(M)やJCペニー(JCP)が下落した。

5月NAHB住宅市場指数が予想を上振れ、昨年10月以来の高水準となった。足元で住宅ローン金利も低下し、今後6ヶ月の販売見通しも改善しており、住宅関連銘柄には追い風となりそうだ。

Horiko Capital Management LLC

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:5月16日(木)7時39分

フィスコ

 

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン