ここから本文です

ソフトバンクグループは売買代金トップで買い優勢、ウーバー株急反発が買い手掛かりに

5月15日(水)13時28分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
ソフトBG 4,937 -43
 ソフトバンクグループ <9984> は売り買い交錯も買いが優勢となり1万円大台をキープ。売買代金は東証1部上場企業でトップとなっている。市場では「空売りも含めここ大口個人などの参戦が活発化している。株価は前週末以来の下げ幅を考えると、戻りは鈍いと言わざるを得ない」(国内ネット証券大手)としている。同社が出資する米ライドシェア大手のウーバーが前日の米株市場で7.7%高と大きく切り返しており、これが買い手掛かりとなっているが、一方で同社の6000億円を上限とする自社株買いが14日までに終了したと発表され、投資家心理を冷やす要因となったようだ。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:5月15日(水)13時28分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン