ここから本文です

<新興国eye>フィッチ、ベトナムの信用格付見通しを引き上げ

5月15日(水)15時49分配信 モーニングスター

 英国の格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、ベトナムの外貨・ドン建て長期発行体格付を「BB」に据え置く一方、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げた。

 見通し引き上げの理由は、経常収支黒字、政府債務の減少、順調な経済成長、安定したインフレ率などで、外部リスクへの対応能力が向上しているため。

 フィッチによると、ベトナムのGDP(国内総生産)に対する政府債務残高比率が16年の53%から18年に50.5%に縮小しており、20年には約46%へとさらに縮小する見通しだ。対GDP公共債務残高比率も16年の65%から18年には58%に改善した。

 フィッチは、19年のベトナムのGDP成長率は6.7%に減速するものの、国会の設定した目標値6.6-6.8%の範囲内にあり、またアジア太平洋諸国や格付けが同水準の国々と比べても高い数値だとの見方を示した。

【筆者:Viet Economic Research&Advisory Corp.(VERAC)】
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株・経済情報」「VIETJOベトナムニュース」、「VIETJOライフ」の自社媒体を通じ、経済、金融情報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業約760社の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは70万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査に強み。

*当該記事は外部執筆者により作成されたものです。記事は執筆者が信頼できると判断したデータなどにより作成いたしましたが、その正確性などについて保証するものではありません。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月15日(水)15時49分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン