ここから本文です

14日の東京株式市場見通し=下値模索の展開か

5月14日(火)7時47分配信 モーニングスター

現在値
日清粉G 2,500 -21
ヤクルト 6,330 -40
東レ 810.1 +1.4
LINE 2,925 -15
三菱ケミH 724.1 -7.6
 予想レンジ:2万700円-2万1000円(13日終値2万1191円28銭)

 14日の東京株式は続落後、下値模索の展開か。現地13日の米国株式が大幅に反落した動きを受け、売り先行となろう。米政府は13日、中国から輸入する製品に追加関税を課す第4弾として、約3000億ドル(約33兆円)分に対し、最大で25%を上乗せすると発表。米中間の貿易摩擦の激化による日本企業への影響を懸念し、リスク回避姿勢が強まりそうで、落ち着きどころを探りそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の前半(13日終値は109円64-65銭)、ユーロ・円が1ユーロ=122円台の半ば(同123円12-16銭)と円高方向に振れている。13日のADR(米国預託証券)は円換算値で、LINE <3938> 、コマツ <6301> 、ソニー <6758> などを中心に、13日の東京終値に比べ全面安。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比365円安の2万805円だった。(高橋克己)

14日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 3月国際収支
・14:00 4月景気ウオッチャー調査
・決算発表=日清粉G <2002> 、ヤクルト <2267> 、東レ <3402> 、三菱ケミHD <4188> 、武田薬 <4502> 、大塚HD <4578> 、資生堂 <4911> 、JFE <5411> 、リクルートHD <6098> 、ルネサス <6723> 、日産自 <7201> 、大日印 <7912> 、三菱地所 <8802> 、近鉄GHD <9041> 、セコム <9735>

【海外】(時間は日本時間)
・21:30 米4月輸出入物価指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月14日(火)7時47分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン