ここから本文です

個別銘柄戦略:JTや日本電産に注目

5月9日(木)9時11分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
JT 2,345.5 +12.5
東製鉄 840 +11
リクルトH 3,305 +68
オークマ 5,960 +50
グリーンズ 1,360 +5
8日の米国市場では、NYダウが2.24ドル高の25967.33とほぼ横ばいの一方、ナスダック総合指数は20.44pt安の7943.32、シカゴ日経225先物は大阪日中比55円安の21525円といずれも軟化した。9日早朝の為替は1ドル=110円台前半と、8日大引け時点とほぼ同水準。本日の東京市場は米ナスダック総合指数やSOX指数の下落を反映し、半導体関連株を中心に売りが予想される。ただ、昨日は村田製<6981>など直近の下落率の大きかった銘柄は買い戻しで下げ渋りを見せており、本日は底堅い推移が予想される。昨日の全面安商状の中で堅調だったファーストリテ<9983>やリクルートHD<6098>など内需の大型株にも買いが期待される。他方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたJT<2914>、東京製鐵<5423>、オークマ<6103>、グリーンズ<6547>、日本電産<6594>、HOYA<7741>、オリックス<8591>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:5月9日(木)9時18分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン