ここから本文です

日経平均は170円程度安、JPX日経400では大東建託、エレコム、楽天などが値下がり率上位

5月9日(木)10時45分配信 モーニングスター

現在値
大東建 13,915 -25
ヤフー 306 +1
楽天 1,225 +15
エレコム 3,470 +30
ヒロセ電 11,760 +30
 9日午前10時40分すぎの日経平均株価は、前日比170円程度安い2万1430円前後で推移。午前9時47分には、同262円57銭安の2万1340円02銭と安値を付ける場面もみられるなど、軟調な展開が続いている。9日の取引を開始した中国・上海総合指数は、続落してスタート。4月の中国消費者物価指数は、前年同月比2.5%上昇し、市場予想の平均と一致したが、影響は限定的のようだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円前後(8日終値110円13-14銭)で、朝方からは円高方向にある。

 主要指標の1つであるJPX日経400は、前日比169.76ポイント安の1万3802.17ポイントと4日続落。同指数の構成銘柄では、値下がりり率上位に、大東建託 <1878> 、エレコム <6750> 、楽天 <4755> がランクイン。一方、値上がり率上位に、ヤフー <4689> 、シスメックス <6869> 、ヒロセ電機 <6806> が入っている。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月9日(木)10時45分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン