ここから本文です

GMOペパボ---1Q売上高21.85億円、「minne」四半期初の黒字化を達成

5月8日(水)12時07分配信 フィスコ

現在値
GMOペパ 2,547 +97
GMOペパボ<3633>は25日、2019年12月期第1四半期(2019年1月-3月)連結決算を発表した。売上高が21.85億円、営業利益が3.00億円、経常利益が3.08億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が2.45億円となった。2019年12月期第1四半期より連結業績を開示しているため、対前年同四半期増減率は記載していない。

ホスティング事業のセグメント売上高は11.27億円、セグメント利益は3.43億円となった。2018年における流入数の減少に伴い、レンタルサーバー全体の契約件数は438,307件(前年同期末比897件減)となったが、レンタルサーバー「ロリポップ!」においてプロモーションの強化を図ったことにより、18年12月末対比では2,135件増となった。また、上位プランやオプション機能への誘導強化の結果、顧客単価は364円(前年同期比6.4%増)となった。ドメイン取得代行「ムームードメイン」は、引き続き堅調に推移し、登録ドメイン数は1,237,714件(前年同期末比519件増)となった。

EC支援事業のセグメント売上高は5.64億円、セグメント利益は2.24億円となった。ネットショップ開業・作成サービス「カラーミーショップ」は、契約件数が42,705件(前年同期末比1,946件減)となったが、継続的なアップセル施策により、顧客単価は2,636円(前年同期比13.5%増)となった。オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」は、販促活動を強化し、会員数は26万人(2019年3月末時点)を突破した。

ハンドメイド事業のセグメント売上高は4.57億円、セグメント利益は0.42億円となった。今回、初めての単独開催となった大規模オフラインイベント「minneのハンドメイドマーケット2019」やワークショップイベントなどの各種オフライン施策を積極的に展開し、ハンドメイド体験の機会創出を図った。また、認知度拡大を目的とした大規模なプロモーションから、効率的な運用へと移行し、プロモーションコストは0.72億円(前年同期比67.5%減)となったが、流通金額は31.00億円(前年同期比8.6%増)と堅調に推移した。

2019年12月通期の連結業績予想については、売上高が92.00億円、営業利益が9.50億円、経常利益が9.62億円、親会社株主に帰属する当期純利益が6.84億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:5月8日(水)12時38分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン