ここから本文です

リケンテクノスが大幅反発、今期経常は11%増で連続最高益、2円増配へ

5月8日(水)9時09分配信 株探ニュース

リケンテクノ <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
リケンテクノ <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
旭化成 948.4 +9.2
住友ベ 3,515 ---
積水化 1,515 -4
リケンテク 492 -2
日特塗 1,059 +13
 リケンテクノス <4220> が大幅反発。7日大引け後に発表した19年3月期の連結経常利益は前の期比8.5%増の58.6億円で着地。続く20年3月期も前期比10.8%増の65億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。

 今期は自動車分野の機能部品の販売強化などを通じ、2ケタ増益を目指す。業績好調に伴い、前期の年間配当を13円→14円に増額し、今期も前期比2円増の16円に増配する方針とした。前日終値ベースの予想PERが11.5倍→9.0倍に低下する一方、配当利回りが3.11%に上昇し、割安感が強まったことも支援材料となった。

株探ニュース(minkabu PRESS)

リケンテクノとよく比較される銘柄:日特塗 <4619> 、住友ベ <4203> 、積水化 <4204> 、旭化成 <3407> 、バルカー <7995>

最終更新:5月8日(水)9時09分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン