ここから本文です

今日の株式見通し-軟調か 米中貿易摩擦懸念が再燃

5月7日(火)8時11分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は上値の重い展開か。大型連休の間の米国株は強弱材料ありながらも比較的強い動きが見られたが、直近でトランプ米大統領が中国からの輸入関税引き上げを表明したことで米中貿易摩擦懸念が再燃しており、これを警戒した動きとなりそう。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて45円安の22205円、ドル建てが40円安の22210円で取引を終えており、やや弱めのスタートが想定される。

 きのう6日の米国市場では、ダウ平均が一時400ドルを超える下げとなったものの、引けでは66ドル安と持ち直した。この材料がなければ日本株は大きく水準を切り上げる展開も期待できただけに、そこまでリスクオフムードの強い地合いとはならないだろう。ただ、大型連休前の楽観ムードには若干水が差された格好となることから、上値は追いづらい。寄った後は為替や米株先物をにらみながら神経質な展開が続くと予想する。日経平均の予想レンジは22000円-22300円。
小松

最終更新:5月7日(火)8時11分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン