ここから本文です

6日の米株式市場の概況、ダウ平均は一時470ドル超の急落後下げ幅縮小

5月7日(火)8時18分配信 みんなの株式

 6日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前週末比66.47ドル安の2万6438.48ドルと反落した。

 トランプ米大統領が中国製品への関税引き上げを表明したことが嫌気され、NYダウの下げ幅は一時470ドルを超す急落となった。ただ、売り一巡後は下値に買いが入り、下げ幅を縮小した。同大統領は、2000億ドル相当の中国製品への関税を10%から25%に引き上げることを明らかにし、これを受けキャタピラーやボーイングなど中国向け売上比率が高い銘柄が売られた。インテルやエヌビディアなど半導体株が値を下げ、アップルやアマゾン・ドット・コム、フェイスブックなど主力IT関連株も安い。半面、医療保険のユナイテッドヘルス・グループやシェブロン、マクドナルド、ファイザーが高い。

 ナスダック総合株価指数は、同40.707ポイント安の8123.289と反落。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億9898万株、ナスダック市場は19億6705万株となった。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:5月7日(火)8時18分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン