ここから本文です

個別銘柄戦略:ヤフーや大塚商会に注目

5月7日(火)9時10分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
ZOZO 1,798 ---
イビデン 2,620 ---
NRI 2,380 ---
トリケミ研 10,670 ---
武田薬 4,297 ---
6日の米国市場では、NYダウが66.47ドル安の26438.48、ナスダック総合指数が40.71pt安の8123.29、シカゴ日経225先物が10連休前の4月26日大阪日中比45円安の22205円だった。7日早朝の為替は1ドル=110円台後半と、4月26日大引け時点より約1円の大幅円高。本日の東京市場は10連休明けでJR東日本<9020>やKDDI<9433>、武田<4502>など内需株を中心に買い戻しの動きが予想される。ただ、米中貿易摩擦が再び深刻化することに対する警戒感や大幅な円高から電子部品や自動車など輸出株はさえない動きを強いられよう。一方で、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたZOZO<3092>、イビデン<4062>、NRI<4307>、トリケミカル<4369>、ヤフー<4689>、大塚商会<4768>、アドバンテスト<6857>、三井物<8031>、日立ハイテク<8036>、平和不<8803>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:5月7日(火)9時18分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン