ここから本文です

米国株見通し:米中協議への懸念急浮上

5月6日(月)18時24分配信 フィスコ

S&P500先物  2892.50(- 55.00) (18:05現在)
ナスダック100先物  7677.25(-187.75) (18:05現在)

 18時05分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は大幅安で推移。NYダウ先物は500ドル安程度で推移している。欧州株式市場は全面安。時間外取引のNY原油先物は前日比1.00ドルほどの下落で推移。こうした流れを受け、6日の米株式市場は売り先行で始まりそうだ。

 トランプ米大統領(5日、ツイート)が「2000億ドル相当の中国製品に対する関税(現在10%)を、10日から25%に引き上げる」と表明。米WSJ紙(5日付)が「中国は今週に予定していた劉鶴副首相のワシントン訪問の中止を検討」と伝えたことを受けて、米中通商協議への早期合意期待が決裂の危機懸念へと急転する状況に(中国外務省は「交渉団が貿易協議のため米国訪問を準備中」としているが)。NY原油先物は、米中協議への懸念による需要後退思惑から目先一段と下落する展開が見込まれる。

 本日発表となる米経済指標はなく、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁の講演(経済見通し)がある。決算発表は、タイソンフーズやAIGなどが予定されている。

《KK》
株式会社フィスコ

最終更新:5月6日(月)18時24分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン