ここから本文です

SFP Research Memo(9):安定継続的な配当を行うことに主眼。2020年2月期も年間26円を維持する見通し

4月26日(金)17時09分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
SFPHD 2,187 +17
■株主還元

SFPホールディングス<3198>の配当方針は、安定継続的な配当を行うことを基本としており、2019年2月期の配当は、期初計画どおり、前期と同水準の1株当たり年26円配(中間13円、期末13円)に決定した(配当性向34.4%)。また、2020年2月期についても1株当たり年26円配(中間13円、期末13円)の配当を予想している(配当性向42.0%)。

また、株主優待制度も導入している。同社の各店舗で利用できる「お食事券」を年2回(2月末、8月末現在の株主名簿に記載または記録された同社株式100株以上保有の株主が対象)、保有株式数に応じて贈呈する内容となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:4月26日(金)17時29分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン