ここから本文です

日経平均は148円安、弱含んでも始まるも底堅い、日銀ETF買い期待が支え=26日後場

4月26日(金)12時51分配信 モーニングスター

現在値
DeNA 2,182 +99
昭電工 3,065 +40
第一三共 5,570 -55
富士電 3,510 +25
アドテスト 2,663 -6
 26日午後零時45分時点の日経平均株価は、前日比148円84銭安の2万2158円74銭。前場終値2万2155円24銭(前日比152円34銭安)を若干上回る水準。後場は、弱含んで始まったが、その後は底堅い。10連休を前に手控え気分が強いなか、日銀のETF(上場投資信託)買い期待が支えとして意識されているもよう。

 日経平均構成銘柄では、富士電機 <6504> 、川崎汽 <9107> 、第一三共 <4568> などが値上がり率上位。半面、アドバンテスト <6857> 、DeNA <2432> 、昭電工 <4004> などが値下がり率上位。午後零時45分現在、東証1部の出来高は7億3236万株、売買代金は1兆3633億円。

提供:モーニングスター社

最終更新:4月26日(金)12時51分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン